小琉球のホテル(民宿)「ドルフィンベイホームステイ(ラブハウスB&B?)」での宿泊

「ドルフィンベイホームステイ(海豚灣海景民宿)」外観

今回、小琉球(しょうりゅうきゅう、シャオリュウチュウ)に滞在するにあたって「ラブハウスB&B(愛之屋旅宿)」というホテルを予約した。宿泊料金はダブルルームの朝食込みで1泊あたり約5,800円だった。

僕は海外旅行をするときはいつもアゴダ(Agoda.com)を利用してホテルを予約しているが、小琉球は台湾人にも人気の観光地らしく、ホテルが多いにもかかわらず滞在期間中のホテルはアゴダでは「ラブハウスB&B」しか空いておらず、取り急ぎ予約することにした。

小琉球の港(白沙漁港)に到着後、早速港から坂道を登って小琉球のメイン通りである中山路沿いにある「ラブハウスB&B」に向かったのだが、ホテルには誰もおらず、表に記載されている電話番号に何回か電話をしたが繋がらなかった。

「ラブハウスB&B(愛之屋旅宿)」外観

「ラブハウスB&B(愛之屋旅宿)」外観

チェックイン時間より1時間以上前ということもあったので、ホテルのロビーでしばらく待つことにしたが、チェックイン時間が近づいてきても誰も現れないので、再度電話をしてみるとようやく繋がった。英語が通じないようだったので、「チェックイン」「ホテル」などと連呼したところ、電話は切れたがしばらくすると原付バイクに乗ったおじさんがやってきた。

中国語で色々説明されるが言っていることが全く分からないので、紙とペンを差し出して書いてもらうと、おじさんは「another room(別の部屋)」と書き、スーツケースと僕を原付バイクに乗せて別のホテルに連れて行ってくれた。

そんなわけでやって来たのが港のすぐ目の前にある「ドルフィンベイホームステイ(海豚灣海景民宿)」。青と白の外観で、いかにもダイビング客が集まりそうな民宿である。

「ドルフィンベイホームステイ(海豚灣海景民宿)」外観

「ドルフィンベイホームステイ(海豚灣海景民宿)」外観

ホテルに到着すると3階の部屋の鍵をくれた。エレベーターはないので結構急な階段を登らなければならない。Wi-Fi(インターネット)が使えないか聞いたが、ロビーでしか入らないようだ。

「ドルフィンベイホームステイ」のロビー

「ドルフィンベイホームステイ」のロビー

朝食込みのプランで予約をしたが、朝食は言わないと出てこないようだった。正直、朝食は要らないと思っていたので、面倒くさいし何も言わないことにした。

予約した内容と違うので若干不安になったが、部屋は1人で滞在するには十分に広くて清潔だ。エアコン・テレビもあるし、トイレ・シャワーも室内にある。港のすぐ目の前なので立地も抜群だ。小さな離島のホテルとしては十分だと思う。

「ドルフィンベイホームステイ」の部屋

「ドルフィンベイホームステイ」の部屋

部屋にはエアコン・テレビが付いている

部屋にはエアコン・テレビが付いている

連休中でパソコンを使う必要もないし、沖縄の小さな離島の民宿に泊まるときと同じように寝るところとシャワーやトイレなど最低限の設備があれば良かったので、十分満足のいく滞在だったのだが、アゴダで予約した際に記載されていた部屋でのWi-Fiが使えない、書斎デスクらしきものがない、そもそもホテルが別のホテルである、というのは駄目だろう。

このホテル自体には特に不満はなく、むしろ名前といい、いかにも南国の民宿と言った雰囲気で結構好きなのだが、日本人の感覚としては、「ちゃんと仕事をしてくださいね」と言いたくなってしまう。南国の離島特有のいい加減な感じだろうか。スタッフは受付にいないことも多いが、フレンドリーだし特に悪気はないのだろう。

アゴダのレビューが低かったので全く期待はしていなかったのだが、確かにこれでは評価のしようがない。レビューに記載されていた通りである。

小琉球のホテルの中では安い方だと思うので、細かいことを気にしない方であればここでも良いと思うが、いずれにせよ、スケジュールが決まっているのであれば早めにホテルを予約することをおすすめする。

ある夜、ホテルの部屋に戻ると「ゴン・・・ゴン・・・」とドアを叩く音がしたので、恐る恐るドアを開けると、ネコがいた。

ネコがついてきます

ネコがついてきます

このネコ、普段はロビーにいることも多いが、とても人懐っこいネコのようで、部屋に入ったまま出ていかない。

喉が渇いていたようだ

喉が渇いていたようだ

クーラーの効いた部屋が心地良いのか、ベッドの上でくつろいでいる。帰りそうもないので、放置することにした。離島に来るといつもネコと戯れているような気がする。

ベッドを占領するネコ

ベッドを占領するネコ

「ドルフィンベイホームステイ(海豚灣海景民宿)」所在地:屏東縣琉球鄉三民路276號

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換