六合夜市・美麗島駅近く!高雄の格安おすすめホテル「バンブーホテル」での宿泊

「バンブーホテル(Bamboo Hotel)」外観

今回、約10日間の高雄滞在中に宿泊したのは高雄市中心部にある「バンブーホテル(Bamboo Hotel)」。予約サイトによっては「バンブービジネスホテル(Bamboo Business Hotel)」とも表記されており、現地語表記では「泓揚精緻商旅」となる。

ホテル予約サイト「Agoda(アゴダ)」で予約して宿泊料金はスダンダードダブルの朝食込みで1泊あたり約5,500円だった。日本のホテルに比べると台湾のホテルはかなり安く感じる。

「バンブーホテル」は便利な立地にあり、美麗島駅と高雄駅からは徒歩圏内だ。ホテルが入っているビルは七賢二路の通り沿いにあり、5階から上がホテルになっているので若干見つけづらいかも知れない。ビルの1~4階は学習塾になっているようだ。

「バンブーホテル(Bamboo Hotel)」外観

「バンブーホテル(Bamboo Hotel)」外観

「バンブーホテル」のビル入り口

「バンブーホテル」のビル入り口

ホテルのフロントには英語と日本語が話せるスタッフがいて、対応も丁寧で特にやり取りで困ることはなかった。

スタンダードダブルの部屋はちょっと高級なマンションと言った感じで、思ったよりも広くて快適だったが、ベッドからクローゼットまで歩くのが若干面倒くさい。広い部屋特有の悩みである。

スタンダードダブルの部屋

スタンダードダブルの部屋

スタンダードダブルの部屋

スタンダードダブルの部屋

僕が泊まった部屋はフロントがある5階の角部屋だったが、Wi-Fi(インターネット)は使えるもののスピードが遅かった。LANポートがあるのでLANケーブル(フロントでは貸し出していない)を持参した方が良いかも知れない。

アメニティはリンスを除いて一通り揃っている。台湾人はあまりリンスをしないのだろうか。トイレとシャワールームは十分なスペースがあって清潔だが、トイレットペーパーは流すことが出来ないので気を付けよう。使用済みのトイレットペーパーはトイレ横のゴミ箱に入れるのだが、これは日本人にはなかなか慣れない。

スタンダードダブルのトイレ&シャワールーム

スタンダードダブルのトイレ&シャワールーム

部屋は出かける際にルームキーをフロントに預けたら掃除しておいてくれる。許容範囲内ではあるが、ベッドやタオルには所々シミが見つかった。

朝食はビュッフェ(バイキング)スタイルで、5階のフロント横にあるレストランでいただく。

「バンブーホテル」のレストラン

「バンブーホテル」のレストラン

ビュッフェスタイルの朝食

ビュッフェスタイルの朝食

朝食は台湾料理を中心に最低限の料理が揃っている感じだ。もちろんパンとコーヒーもあるが、人が歩き回っている中でパンを焼くのは煩わしいので、最近は海外旅行中にホテルの朝食で焼いたパンを食べることはほとんどなくなった。

「バンブーホテル」での朝食

「バンブーホテル」での朝食

ホテルでのビュッフェスタイルの朝食に飽き飽きしていることもあるが、9泊の滞在中結局ホテルで朝食をとったのは2回だけであった。もったいないのでもう朝食込みのホテルを選ぶのはやめようかと思っている。

台湾では外に出れば安くて美味しいものはいくらでもあるし、外食も旅の楽しみの一つなので、特に節約しているとか面倒とかいうのでなければ、ホテルでの朝食は要らないように思う(もちろん、高級ホテルの美味しい朝食であれば別だ)。

なお、ホテルのレストランは朝食時間以外は営業していないようだが、コンビニ、レストランや夜市もすぐ近くにあるので特に不便を感じることはないだろう。特に、観光客が集まる六合夜市には徒歩数分で行けるので、このホテルに滞在中にはよくお世話になった。

ホテルにはランドリーサービスがないので若干不便に感じるかもしれない。洗濯物がある人は、ホテルから七賢二路を少し西に歩いた通りの左側にコインランドリーがあるのでここを利用しよう。

七賢二路沿いのコインランドリー

七賢二路沿いのコインランドリー

9泊の滞在だったこともありランドリーサービスがないのは不便だったが、特に部屋の広さと立地の点において快適な滞在だった。宿泊料金もリーズナブルなので、多くを求めなければ十分に満足出来るホテルだ。

「バンブーホテル(Bamboo Hotel)」所在地:高雄市新興區七賢二路74號5樓(アゴダで予約する

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換