高雄の観光名所・左營蓮池潭で龍虎塔に登る~MRTとタクシーでの行き方(アクセス)~

左營蓮池潭

高雄の観光スポットと言えば真っ先に名前が挙がるのが龍虎塔で有名な「左營蓮池潭」。高雄市街地の北にある南北約1.3kmの淡水湖だ。読み方は日本語読みで「さえいれんちたん」、中国語読みで「ズオインリエンチータン」となる。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

左營蓮池潭への行き方(アクセス)だが、最寄り駅は左營駅となる。左營駅から左營蓮池潭まではバスでも行けるようだが、今回はタクシーを利用した。タクシー料金は行きも帰りも110元(400円程度)だった。

MRT左營駅へと向かうため、滞在ホテルを出発してまずはMRT美麗島駅へと向かう。午後1時頃にホテルを出発したが、この日は何も食べておらずお腹が空いていたので、美麗島駅近くにある食堂「大圓環雞肉飯」で腹ごしらえをしてから左營蓮池潭に向かうことにした。

左營駅は美麗島駅から北に6つ目の駅だ。北に向かう南岡山行きの電車に乗り、15分程度で左營駅に到着した。左營駅は台湾高鐵(高速鉄道)への乗り換えも出来る結構大きな駅だ。

佐々木希さん你好

佐々木希さん你好

左營駅に到着後、駅前に停まっているタクシーに乗り込み左營蓮池潭へ向かう。タクシーの乗車時間は数分程度で、龍虎塔の目の前で降ろしてくれた。龍虎塔の読み方は「りゅうことう(日本語読み)」または「ロンフーター(中国語読み)」となる。なお、営業時間は8:00から17:30までのようだ。

左營蓮池潭(ズオインリエンチータン)

左營蓮池潭(ズオインリエンチータン)

淡水湖には所々に蓮の花が咲いており、どこか極楽浄土を連想させる。

淡水湖には蓮の花が咲き乱れる

淡水湖には蓮の花が咲き乱れる

まずは龍虎塔へと向かう。龍虎塔は龍の口から入って虎の口から出ると善人になると言われている。反対から入ったらどうなるかは知らない。「善人とは一体何ぞや?」と蓮の花を眺めながら自分の頭の中で禅問答を始めたが、答えが出そうもなかったのでしきたりに習い龍の口から入ることにした。

龍虎塔

龍虎塔

龍虎塔は上まで登ることが出来る。塔の上からは左營蓮池潭の景色が一望出来るが、手すりがそれほど高くないので落ちないように気を付けよう。僕は高い所が苦手なので、塔の上に登るとつい足がすくんでしまう。

龍虎塔からの景色

龍虎塔からの景色

龍虎塔に登った後は、出口である虎の口へと向かう。龍虎塔内部では様々な壁画を楽しむことが出来る。

龍虎塔内部の壁画

龍虎塔内部の壁画

左營蓮池潭は結構広く、龍虎塔以外にも湖周辺に多くの見所があるようだ。龍虎塔を後にし、湖沿いの道路を北に向かって歩くと次に觀音騎龍像と春秋閣がある。

觀音騎龍像と春秋閣

觀音騎龍像と春秋閣

こちらには虎はいないようであるが、龍の口から入って湖の上の道を進むと、五里亭がある。

龍の口から入る

龍の口から入る

五里亭

五里亭

五里亭からの景色

五里亭からの景色

この日は非常に天気が良く、まさに南国と言った陽気であった。湖の畔の道を歩いていると汗ばんでくる。湖周辺には寺廟が立ち並び、観光客が多いせいか飲食店や屋台も多い。

湖沿いにある啟明堂

湖沿いにある啟明堂

五里亭を後にし、再び湖沿いを歩いて巨大な像(北極玄天上帝像)がある方向へと進む。

巨大な像(北極玄天上帝像)に向かって歩く

巨大な像(北極玄天上帝像)に向かって歩く

左營蓮池潭で玄天上帝像を見て、「高雄婆婆冰」でおすすめのマンゴーかき氷を堪能に続く