高雄・美麗島駅近くのおしゃれなカフェ「季帆珈琲」でカプチーノを堪能(日本語可)

「季帆珈琲(La Barque books cafe)」外観

MRT美麗島駅から高雄市街地の中心部を南北に走る中山一路を北(高雄駅方面)にあるいて徒歩数分、道路の右手に「季帆珈琲(La Barque books cafe)」というおしゃれなカフェがある。滞在しているホテルからも近かったので、美麗島駅近くの食堂「大圓環雞肉飯」での昼食後に寄ってみることにした。

それにしても高雄は暑い。沖縄の石垣島よりも南にあるから当然と言えば当然なのだが、まだ4月末にもかかわらず日中の気温は30度近くまで上がる。若干汗ばみながらカフェに到着。

「季帆珈琲(La Barque books cafe)」外観

「季帆珈琲(La Barque books cafe)」外観

「季帆珈琲」の店内にはその名(books cafe)が示す通り、たくさんの本が並んでいる。中国語だけではなく日本語の本も数多く置いてある。なんでもこのカフェのオーナーは日本に留学していた経験があるそうで、流暢な日本語を話す。

「季帆珈琲」店内

「季帆珈琲」店内

「季帆珈琲」カウンター

「季帆珈琲」カウンター

僕は海外を一人で旅しているときは異国気分を味わいたいのでなるべく日本語は話さないようにしているのだが、台湾では英語よりも日本語を話せる人も多く、日本語で話しかけられると日本語で返さざるを得ない。まぁ、現地の言葉を話せない僕が悪いんだけれど。

席に座って、カプチーノとブルーベリーケーキをいただく。台湾にあまりコーヒーのイメージはないが、なんだか高雄に来てからカプチーノを飲む機会が多い。まろやかな泡が美味しい。ブルーベリーケーキは若干甘くていかにも外国のケーキと言った味わいだ。

カプチーノとブルーベリーケーキ

カプチーノとブルーベリーケーキ

他にお客さんも居なかったのでカフェのオーナーと話す。来週小琉球に行くので行き方を知っているか聞いてみたところ、わざわざ親切に行き方を調べて紙に書いて教えてくれた。このカフェのオーナーに限らず、高雄の人は他人(日本人?)に対してとても親切だと感じる。

海外では日本人は世界一礼儀正しいなんて言われているけれど、型にはまるのが好きで外面ばかり良い日本人はその座を返上した方が良いのではないかと思う。少なくとも典型的な日本人は道端で困っている外国人を自ら進んで助けはしないだろう。

それはともかく、大通り沿いにあるにもかかわらず落ち着いた雰囲気の中、本を読みながらのんびりと過ごすことが出来た。日本語で高雄の情報を収集したい人にもおすすめのカフェだ。高雄に訪れた際にはまた来よう。ご馳走様でした。

「季帆珈琲(La Barque books cafe)」所在地: 高雄市新興區中山一路222號

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換