高雄おすすめグルメ・美麗島駅近くの食堂「大圓環雞肉飯」で鶏肉飯と蛤スープを堪能

鶏肉飯と蛤仔鶏湯(ハマグリと鶏肉のスープ)

高雄市西部を観光し、中心部に戻ってきたのは午後3時頃だった。昼食を食べておらず、お腹が空いたのでホテルに戻る前に食事をすることにした。やって来たのは美麗島駅近くにある「大圓環雞肉飯」。ガイドブックにも載っているが地元でもかなり人気があるお店のようだ。

「大圓環雞肉飯」外観

「大圓環雞肉飯」外観

「大圓環雞肉飯」はMRT美麗島駅の1番出口を出てすぐのところにある。営業時間は10:00から19:00までのようだ。

MRT美麗島駅の目の前

MRT美麗島駅の目の前

空いている席に座り、調理場の横に置いてあるオーダーシートに書き込んで店員さんに渡して注文する。メニューはご飯ものとスープが中心となる。会計は料理が運ばれてきたときに支払えば良い。

「大圓環雞肉飯」のメニュー(ご飯ものとスープ)

「大圓環雞肉飯」のメニュー(ご飯ものとスープ)

この日注文したのは鶏肉飯(ジーローファン)に夕方前には売り切れるらしい大人気メニューの蛤仔鶏湯(ハマグリと鶏肉が入ったスープ)。

鶏肉飯はサイズが2つあって大が45元で小が30元。大を注文したが、それほど大きなサイズではないのでお腹が空いているなら大の方が良いと思う。蛤仔鶏湯は50元だ。

鶏肉飯と蛤仔鶏湯(ハマグリと鶏肉のスープ)

鶏肉飯と蛤仔鶏湯(ハマグリと鶏肉のスープ)

鶏肉飯はサッパリとしていてクセになりそうな味付け。蛤仔鶏湯もハマグリのだしが効いていて絶妙だ。台湾に来るのは今回が初めてだけれど、なぜか懐かしい味がする。2つ合わせて340円程度だから、日本のチェーン店で牛丼を食べるのなんて馬鹿らしくなってくる。

高雄にはまだ数日間しか滞在しておらず、他の有名店や高級レストランに行ったわけでもないが、これまでに高雄で食事をした中ではここの料理が一番美味しかった。

滞在しているホテルからもそれほど遠くないので、後日このお店に再度訪れて豚肉が乗った肉操飯(ローザオファン、大45元)をいただいた。平日の午後3時前だったが蛤仔鶏湯は早くも売り切れていたので、代わりに排骨酥湯(50元)を注文した。排骨酥湯は骨付き豚バラ肉と大根らしきものが入ったスープだ。

肉操飯と排骨酥湯(骨付き豚バラ肉と大根のスープ)

肉操飯と排骨酥湯(骨付き豚バラ肉と大根のスープ)

排骨酥湯にはかなりの量の豚バラ肉が入っており、肉操飯と合わせてかなり肉々しい。豚肉のランデブーだ。スープはかなり脂っこいかと思いきや、お肉が柔らかいこともありガツガツと行ける。肉操飯も美味しかったけど、豚肉のスープが味を邪魔してしまう。やはりご飯ものにはサッパリしたハマグリのスープ(蛤仔鶏湯)の方が良く合う。

個人的には鶏肉飯と蛤仔鶏湯の組合せがベストだと思う。高雄に来たなら是非一度は訪れて欲しいお店だ。

「大圓環雞肉飯」所在地:高雄市新興區中山横路1-1號

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換