高雄港沿いを歩き、英国領事館から西子灣(夕日スポット・海水浴場)のビーチへ

英国領事館からの眺め

フェリーで旗津半島(チージンバンダオ、きしんはんとう)を後にし、フェリーターミナル(鼓山輪渡站)から高雄港沿いを歩いて次は英国領事館(打狗英国領事館文化園区)に向かう。英国領事館は高雄に現存する最古の西洋式建築物で、1866年に建築されたものらしい。西子灣(シーズーワン、せいしわん)駅からは1.2kmくらいのところにあり歩いて行くことが出来る。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

高雄港沿いをしばらく道なりに歩いて行くと、「打狗英国領事館官邸景観歩道」という案内版があったのでそれに従って進むことにした。狭い坂道を歩いて行くと、英国領事館の裏手に到着する。

打狗英国領事館官邸景観歩道

打狗英国領事館官邸景観歩道

英国領事館

英国領事館

英国領事館の隣には霊興殿というお寺があり、お寺の前には絵馬のようなものが飾られている。絵馬の起源は日本だったような気がするが、違うのだろうか。

霊興殿

霊興殿

霊興殿の前には絵馬らしきものが飾られている

霊興殿の前には絵馬らしきものが飾られている

英国領事館への入場料は99元(約360円)。英国領事館にそれほど興味のない僕は一瞬どうしようか迷ったが、せっかくここまで来たので入ってみることにした。入場料を支払うと、入場券の他に日本語のパンフレットや館内で使える30元のクーポン券などをくれる。

館内には英国領事館に関する過去の写真や資料が展示されている。館内を一通り見て回った後、敷地内にあるカフェで休憩することにした。入り口でもらったクーポン券を使ってカプチーノ(30元引きで80元)をいただく。カフェには英語と日本語のメニューも置いてあるので安心だ。

英国領事館の館内

英国領事館の館内

英国領事館にあるカフェ

英国領事館にあるカフェ

カフェからは高雄港が一望出来る。屋外で港を眺めながらいただくカプチーノは格別だが、まだ4月だというのによく蚊に刺される。南国の蚊らしく、動きがのろくてねちっこい。

イギリスと言えばアフタヌーンティーなので、後から紅茶にしておけば良かったと若干後悔した。アフタヌーンティーと言われると、貴族のイメージが湧いてきて純日本人の僕はなんだか恐縮してしまうが、要は午後の紅茶である。

カフェから望む高雄港

カフェから望む高雄港

高台にある英国領事館からの眺めは格別だ。残念ながら僕が高雄に来てからずっと天気が悪く、この日もあいにくの雨模様だったため夕日を見ることは出来そうもなかったが、ここからは夕暮れ時の高雄港も綺麗に望むことが出来るようだ。歴史に興味はなくても、眺めと雰囲気を堪能するだけでも十分に入場料を支払う価値はあるだろう。

英国領事館からの眺め

英国領事館からの眺め

英国領事館を後にして、高雄港へ降り、港沿いの道を北に歩いて次は西子灣のビーチへ向かう。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
英国領事館前の遊歩道

英国領事館前の遊歩道

国立中山大学のキャンパス内を通り抜け、しばらく道沿いに進むと駐車場の入り口ゲートがあるのでそこを左に曲がるとビーチが見えてくる。周辺には車がよく走っているので、景色に気をとられてうっかりとひかれないように気を付けよう。

国立中山大学の入り口

国立中山大学の入り口

西子灣のビーチに到着したのは午後2時過ぎだった。西子灣は地元でも人気の夕日スポットらしく、ここから見る夕日は高雄八景の一つに数えられるほど有名らしい。ビーチは夏には海水浴場になるようだ。

しかし、ここ数日の悪天候の影響もあるのかもしれないが、ここの砂浜も旗津半島のビーチと同じく黒ずんでいた。ビーチに到着してすぐに雨が降ってきたので、早々とビーチを後にして高雄市中心部に戻ることにした。

西子灣のビーチ

西子灣のビーチ