高雄・美麗島駅から旗津半島へのMRTとフェリーを使った行き方(アクセス)

美麗島駅のステンドグラス

初めての高雄。右も左も分からないので、とりあえず港町らしい雰囲気を味わいたいと思い、ガイドブック片手に旗津半島(チージンバンダオ、きしんはんとう)に行ってみることにした。

旗津半島は高雄市の西側、高雄港を取り囲むように伸びている長さ11.3kmの細長い島だ。元々は陸続きだったらしい。高雄市中心部からはMRT(地下鉄)とフェリーを使って30分もあれば(フェリーの待ち時間がない場合)アクセス可能だ。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

滞在しているホテル(バンブーホテル)を出て、まずは歩いて美麗島(メイリーダオ、びれいとう)駅へ向かう。この日は終日雨の予報だったので、傘を差しながらだと面倒だと思いミラーレス一眼カメラを持参することを諦めた。高雄の街は碁盤の目のようになっており、京都と同じで慣れると歩きやすい。

高雄の街並み

高雄の街並み

高雄の中心部にある美麗島駅はステンドグラスで有名で、「世界で最も美しい地下鉄駅ランキング」で2位にランクインしたこともあるそうだ。駅構内にはゴミも落ちておらず、大阪の地下鉄なんかに比べるとかなり綺麗に感じる。

美麗島駅のステンドグラス

美麗島駅のステンドグラス

美麗島駅のステンドグラス

美麗島駅のステンドグラス

ICカードもあるようだが、とりあえず券売機で片道切符(プラスチック製のトークン)を購入することにした。英語に加えて日本語の案内も選択出来るので購入は簡単だ。美麗島駅から旗津半島行きフェリー乗り場の最寄り駅である西子灣(シーズーワン、せいしわん)駅までは20元(1元=約3.6円)。乗車の際はトークンを改札口にタッチして、降車の際は投入すれば良い。

美麗島駅の券売機

美麗島駅の券売機

美麗島駅のプラットホーム

美麗島駅のプラットホーム

台湾の電車は日本の電車と大差ないが、MRTの車内では飲食等は禁止されているので気を付けよう。西子灣駅は美麗島駅から3つ目の駅で、乗車時間は5分ほどだ。

西子灣駅を1番出口から出て、案内に従って数分ほど歩いてフェリー乗り場(鼓山輪渡站)に到着。フェリーの運賃は片道40元でお釣りは出ないようだ。ちなみに帰りのフェリーでは小銭の持ち合わせがなかったが窓口で両替してくれた。

旗津半島行きのフェリーターミナル(鼓山輪渡站)

旗津半島行きのフェリーターミナル(鼓山輪渡站)

旗津半島行きのフェリーは約10分おきに運航しているようだ。休日は混むらしいが、この日は日曜日にもかかわらずあいにくの天気だったためか待ち時間なく乗船することが出来た。フェリーにはバイク・自転車を乗せていくことも出来る。

なお、フェリーの時刻表や料金に関しては公式サイトを参考にして欲しい。中国語で書かれているが、真面目に勉強をしてきた日本人ならある程度は読み取れるはずだ。台湾では英語が通じない場面に遭遇するのはよくあることなので、練習だと思って気合いで読み取って欲しい。

旗津半島行きのフェリー(旗津輪渡)

旗津半島行きのフェリー(旗津輪渡)

乗船時間はほんの数分。4月でも高雄の気温は日中30度近くまで上昇し、この日は雨模様だったこともありTシャツの上に長袖シャツを羽織って丁度良い気候だった。高雄港の景色を眺めているうちにフェリーはあっという間に旗津半島に到着した。

フェリーから望む高雄港

フェリーから望む高雄港

旗津半島のフェリーターミナル(旗津輪渡站)に到着

旗津半島のフェリーターミナル(旗津輪渡站)に到着

海鮮グルメが豊富で高雄港が一望出来る旗津半島はおすすめの観光スポット!に続く